統合失調症の事が分かる

統合失調症の事が分かる

統合失調症は、10代から40代の比較的若い世代に発生しやすい精神病で、日本では100人に1人の割合で、発症するといわれる身近な病気です。

症状には個人差があり、進行具合や、重症度も異なりますが、主な症状には、存在しない音が聞こえたり、見えたりする幻聴や幻視、また実際にはあり得ないことを信じる妄想や、頭が混乱して思考が上手く働かない思考障害や、些細な事に怒りだす興奮症状等があります。これらの症状は、陽性症状と呼ばれ、逆に意欲の低下や引きこもりなどの、エネルギーが無くなってしまった状態になる陰性症状もあります。

このような症状をおこして、多くは20歳前後に男女ともに発病します。しかし、幻覚や妄想は、患者には全くの現実の事であり、自覚症状がなく本人より、異常を感じた家族や友人が気づくことも多いです。

統合失調症の原因は解明していませんが、生まれ持った素質や環境、生まれてからの能力やストレスの耐性、ストレスを引き起こすような環境にいるかといった条件が絡み合って発症します。

脳内の神経伝達物質が異常をきたすことも多く、統合失調症に関係していると考えられています。

統合失調症の治療は、薬物療法を中心に、精神科リハビリテーション等を行います。 薬物療法では、神経伝達物質の量を調整する抗精神病薬を用い、幻覚や妄想を取り去るだけでなく、陽性症状も陰性症状も改善する効果があります。

精神科リハビリテーションでは、乱れた精神をリハビリテーションすることで、症状によって社会生活が困難になっている人もいて、対人交流を行い社会復帰の訓練をします。 統合失調症は、以前は不治の病とも言われていましたが、現在は適切な治療の継続により、その症状安定化させ、再発を防止する事が出来ます。

スポンサードリンク